さよなら「バム子」また会う日まで

日記

どうもしょうちです。

 

 

ついに、バム子と離れ離れになってしまう時がきました。

 

バム子を知らない方はこちら

お家の中でプチ家庭菜園レモンバーム
レモンバームというくらいなのではの香りはレモンの香りがします。 長寿のハーブとも言われています。レモンバームは生育が早く寒さや暑さにも強いから育てやすいハーブなんです! 明るくて日が直接当たらないところがベスト! なんと精神を整える効果もある!

 

 

この時から、バム子はどんどん成長してきてます。

 

正直、分かりづらいですが、、

 

 

 

 

順調に成長しているのは確かです。

 

 

 

バム子はレモンバームという植物で、葉っぱの香りがレモンにそっくりで、すごくさっぱりした、お味がします。

 

 

なぜ、味を知っているのかというと、バム子の一部をいただいてしまいました。

 

 

そのとき、あまりの美味しさに、泣きそうになったくらいです。(笑)

 

 

正直、最近までレモンバームのことも知らなかったのに、ここまで愛くるしいものになるとは思っていいなかったです( ^ω^ )

 

 

愛くるしいとか言うてるのに、鉢適当やないかい!

 

 

ってなった方いると思います。

 

 

 

ごめんなさい。

 

 

 

 

見慣れすぎて忘れていました。

(*´∀`*)

 

ダメダメですね。

「、、、、、」

 

 

 

バム子がここまで育って嬉しいです☺️

 

けど、バム子は少し成長しすぎだと、思うんです。

 

なぜかと言うと。

茎の軸が、細いとなんとなくおもいませんか?

 

 

うちのバム子は、僕の家が暖かかった、ということもあり、太る前に身長がかなり伸びた、スレンダー体型になってしまっているんです。

 

 

こう言う場合は、今伸びてきている新芽(成長点)の芽を摘むことで、伸びることより太る方に、パワーがいきます。

 

これをすれば、バム子にも良いんですが、摘むのがかわいそうで、そのままにしていたら、やはり、ひょろっとした子になってしまい、

 

結果的には、バム子に良くないので失敗です。

 

そして、なんでこんなこと言ってるのに、さよならなのかと言うと、

 

僕は、約1ヶ月、大阪に帰らないといけないので、水をやれる人がいない!

 

と言うことなんです。

 

 

 

それを解決すべく、唯一預けれる人も、年末年始いないと言うのです( ̄◇ ̄;)

でも、1ヶ月よりかは、まだ大丈夫かなと思い、その方にバム子の面倒を見てもらうことにしました。

 

 

感謝!

 

 

 

1ヶ月だと流石に持たないと、思いますが1〜2週間ならなんとか持つのではないかと期待し、バム子と一旦のさよならをしました。

 

 

じゃーなーバム子、

 

『なんとか耐えます、、、』

 

 

そんな感じでした。

 

 

もともと、レモンバームは冬には枯れ、根っこが生きていたらまた、暖かくなった頃に芽が出てくる、らしいんですが。

 

すごく不安です。

 

 

 

と言うことで、一旦大阪に帰ります!

 

 

 

ばいばい

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

初めて、車に乗せられ、不安げなバム子の写真

 

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
しょうち

大阪から宮崎県に移住し農業について
勉強しています。
趣味は音楽を聴くことや洋服を買ったりすることですd( ̄  ̄)

しょうちをフォローする
SNSフォローボタン
しょうちをフォローする
日記
しょうちをフォローする
syouchiBlog

コメント