農業は実はすごい稼げる職業!?実際に半年体験した感想

移住

半年間の農業研修を終えて

 

どもどもしょうちです😜

大阪から宮崎県に移住してからもう半年が経ちました。

 

初めは何も考えずに勢いで来たので半年がどれくらいの長さか考えていなかったんですがめちゃくちゃ早すぎです、、、

 

半年間農業をして農業のことは大体わかったんですが実際自分でやるのはなかなかの難しさがあるなと思いました。

簡単に今僕が思っていることをまとめました。

 

農業をすぐはじめない理由

 

農業やりたくて宮崎に来たのになんですぐに農業始めないの?

って思う方がほとんどだと思うんですが、自分が考えていたよりも農業で得られる収入と労働時間を考えると、他にもやりたいことがあるのでストップがかかってしまいます。

労働時間の決まりも適用されないもんね。

けどお金以外にも大切なことが農業にはいっぱいありました。

へー。

はい、、、

 

実際にすぐにやろうとすると露地栽培じゃないと金銭的にきついと思います。

ビニールハウスなどのハウス系は初期の設備投資が必要となり少しハードルが高いです。

ただしうまく栽培することができた場合はお金の方は問題なくなるくらい稼ぐことができると思います。

どっちを取るかは自分次第ですね。

もし農協などの助成金制度を受けるとなると、決められた間は農協に出荷しルールに従い野菜を育てなくてはなりません。

しかも珍しい作物の場合新規就農でも助成金がもらえないことがほとんどです。

農業は実際儲かる?

農業は実際儲かるか儲からないかは完全に自分次第だと思います。

いい作物を育てることができてもその価値を伝えることができないと意味がありません。極端な話、作物はあまり良くなくても伝え方がうまいと大ヒットしたりします。これは農業にかかわらず全ての仕事にも当てはまると思います。

 

あとは売り場の確保ですね。市場や直売所、ネット販売、飲食店との契約と色々ありますが、そこをどうするか農業を始めるにあたって一番重要なとこですね。

いっぱい作物ができても売り先がなければ大変です。

 

その点、農協などでの契約栽培は売り先が決まっていて相場もだいたい決まっているので安定しています。

農業はこれからアツい!?

今現在色々な仕事がAIが発達してなくなると言われていますが農業はAIに仕事を取られることはないと思います。

 

実際AIで、野菜のサイズ測定やコンバインの自動操縦喉ができて来ている見たですが、細かな作業はAIにはできないようなことがすごく多いです。

 

有機栽培の場合とんでもない面積の畑をひたすら草むしりしたりします。

そう言う時に「AIがやってくれー」とか思ってしまうくらい大変です。

そして、人間は絶対に何かしら食べないと生きていけないものなので食に関係する仕事はこれからどんどん伸びていくと思います。

さいごに

大阪から宮崎に引っ越し農業の研修をさしていただいたんですが、何よりも良かったことは色々な人との繋がりができたことでした。宮崎の方は優しすぎるくらい優しい方が多くすごく良くしていただきました。自分一人では絶対たどり着くことのできない考え方を知ることもでき、半年とは思えないほど成長することができたと思います。年齢関係なく自分の夢を叶えようとしている方々といると毎日が楽しくて仕方なくなります笑

もし移住をにちょっとでも気になったらこの記事に詳しく書いているのでチェックして見てください😃

宮崎の移住は素晴らしい?サーフィンネットビジネスの人が多い?
宮崎のいいところ自分が思うダメなところについてを実際に宮崎に移住した僕がその体験をもとにまとめて見ましたので移住しようか迷っている方は是非この記事を見て見てください今日は宮崎県の移住についてお話ししたいと思います。 僕はまだ宮崎に来て半年しか経っていないんですが、、、
プロフィール
この記事を書いた人
しょうち

大阪から宮崎県に移住し農業について
勉強しています。
趣味は音楽を聴くことや洋服を買ったりすることですd( ̄  ̄)

しょうちをフォローする
SNSフォローボタン
しょうちをフォローする
移住農業
しょうちをフォローする
syouchiBlog

コメント